この紙芝居は、今回のワークショップのために、グラフィックデザイナーでイラストレーターの瀧口希望さんが、オリジナルに描き下ろしてくださったものです。無断転載を禁じます。

おきなわのみんわ

やえやまのきのゆらい

むかしむかし、

かみさまがやえやまの

しまじまをつくったとき、

しまにはいっぽんもきがなく、

いわばかりでした。

そこでかみさまは、

やえやまのしまを

みどりのしまにしようと

きぎをよびよせました。

かみさまのもとに、

さいしょにやってきたのは

「フクギ」でした。

つぎに「マツ」。  

そのつぎに「クワ」が

やってきました。

それから「タケ」。  

「クバ」。  

「アダン」がやってきました。  

しまにやってきたきぎは

それぞれいいばしょにすもうと

けんかをはじめました。

 

これをみたかみさまは、

あわててけんかをやめさせて

きぎをあつめました。

いちばんさきにやってきた「フクギ」には、

「おまえはにんげんのやしきのまわりにならんではえ、

にんげんのいえをたいふうやかじからまもりなさい。」

といいました。

にばんめにやってきた「マツ」には、

「おまえはうつくしいのでむらをとりかこんで

びょうまやあくりょうからむらをまもりなさい。」

といいました。

さんばんめにきた「クワ」には、

「おまえのはっぱは、やわらかくて

おおかぜがふけばすぐにおちるが、

またはっぱもみもでるようにするから、

やしきのなかやはたけにはえて

にんげんやことりをたすけなさい。」

とかみさまはいいました。

すこしおくれてきた

「タケ」と「クバ」と「アダン」には

こういいました。

 

「タケはてんからふってきたあまみずを

すこしずつしたにおろし、ねをよこにはって

おおあめでもやまくずれしないように

じしんのときにじわれをしないようにしなさい。

にんげんのために、まきのかわりになり、

たけざお、ざる、かごになるために

しそんをたくさんふやしなさい。」

「クバ」は

「そのおおきなひろいはっぱで、

うちわ、つるべになってよのためにつくしなさい。」

「アダン」は「かいがんがおおなみに

けずられないようにしまをまもりなさい。

そのかわりうしやうまにくわれないように、

とげをつけてやろう。」

とそれぞれのやくめをきめてやりました。

かみさまがあつまったき、みんなに

ようやくやくわりをきめてほっとしていると、

おくれてきた「ソテツ」が

「わたしはどこにすめばいいのでしょうか。」

とたずねました。

かみさまは、

「おまえはおくれてきたから

いわだらけのとちでがまんしなさい。

それからしまがききんになったときには

からだをなげだしてにんげんをすくいなさい。」

とめいれいしました。

かみさまは、こんどこそみんなに

やくめをきめてやったからかえろうとしました。

するとそこに「アコウ」と「ガジマル」がやってきて、

かみさまにおそるおそるききました。

「わたしたちはどこにすんだらいいのでしょうか。」

おこったかみさまは、

「おまえたちはかってにいしでもだいていろ。」

といってかえっていきました。

「アコウ」と「ガジマル」が

かいがんなどでいしにだきついているのは、

かみさまのよびかけに

おおはばにおくれてしまったからだそうです。

こうしてやえやまはみどりのしまになりました。

おしまい

© 2016 by umimorisora