© 2016 by umimorisora

石垣みらいカレッジ

石垣市市政70周年記念事業

石垣島の旧離島桟橋の跡地を夢のある人々の集まる空間にしようというワークショップを開催しました。石垣市の市政70周年に合わせた「石垣みらいカレッジ」の企画の一環で2017年から2018年にかけて行われたものです。

 

今回は「まちとデザイン」というテーマの中の一つとして、小浜島在住の絵本作家のはんまけいこさんと一緒に港の未来の絵本を作ろうというワークショップでした。その第2回目は前回参加者が描いたさんばしの未来の絵本をどうやったら具体的な旧離島桟橋で実現できるかを敷地模型の中に表現しようという課題でした。問題解決型の大学の課題とは違って夢のある絵本の世界から現実の空間に落とし込むというアプローチが、これほどまでに一般の方々の自由で創造的な発想を引き出すことができるのだと分かって、とても意義のある楽しいワークショップになりました。